ケア・キュアカンファレンス

ケア・キュアカンファレンスについて

医療法人昌和会見立病院は、387床の精神神経科の病院です。このうち、60床は認知症専門病棟が含まれています。また、外来診療においても、相当数の認知症の方を診療しています。

こうした入院、外来の認知症の治療において常々感じることは、全てではありませんが、認知症の方が人間らしく生活する状況や場を失っているということです。また、在宅での認知症の方は、ご家族の犠牲の上に成り立っていると言っても過言ではなく、私どもの調査では、約2/3のご家族(介護者)が多かれ少なかれバーンアウトに陥っています。介護保険による対応も必要十分とは言えないと考えています。無論、医療上の問題も多々存在し、種々の問題行動や、現状では根治不能な認知症への対応など、常に悩むところです。

こうした現状があるにも関わらず、地域のケアマネージャーの方々と医療機関の関係は、決して密接とは言えないのが現状ではないでしょうか?双方がそれぞれの問題点を協議しながら、認知症の方を我が国の十分とは言えない福祉政策の中で、人間らしく生きる手助けをする義務があるのではないでしょうか。

こうした目的で、筑豊地区のケアマネージャーの方々と我々医療者が定期的に勉強会、意見交換を行うことは決して無意味ではなく、むしろ認知症の方々やそのご家族へ、有意義な情報・福祉施策や医療をフィードバックすることになろうかと思われます。

そこで、年に数回程度参集し、勉強会を行うことを提案しました。場所は見立病院を提供し、事務的な作業は当院で行っています。

 

  1. 目的
    認知症の方々をとりまく諸問題を、地域のケアマネージャーと当法人医療従事者が合同で意見交換や懇話会を行うことで、認知症の方々に対するより良い介護、治療を提供する。
  2. 場所
    医療法人昌和会見立病院 研修室
  3. 時間と年間回数
    2月、5月、8月、11月の第2火曜日 18時~19時30分
  4. 事務局及び議事進行
    見立病院
  5. ケア・キュアカンファレンスの内容
    困っている患者さんの提示と問題解決のための話し合い、医師によるショートレクチャー、その他フリートーキング、話題提供など
  6. 切手代金などの雑費は見立病院が負担し、会費は無料