訪問相談

訪問相談事業について

 地域で生活されている認知症患者様、精神疾患患者様及びそのご家族様への関わりに対してのお悩みやお困り事などの相談をお受けします。
 地域において活動されている医療介護従事者、行政職員及び民生委員などと協働し、地域における精神科医療を後方支援しながら、早期に適切な支援につなげていきたいと考えています。
 地域包括支援センター、居宅介護事業所、保健師及び民生委員などの相談依頼を受け、依頼内容から想定される当院の職員(保健師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士及び臨床心理士など)が、施設や必要に応じて同意の得られた訪問対象者のお宅へ訪問や、ケア会議などに参加して、一緒に検討やアドバイスをしています。

こころのサポート Hatt
(Harmonic:調和する assist:支援する transverse:横断的に technical:専門的に)

  健康問題を抱えている患者様・ご家族様及び支援されている方々に対して、地域医療・入院医療のなかで専門的にそれぞれの役割を認識し、横断的に活動していきます。また、それぞれの課題を明確にし、相談を受けながら調整して、ニードの充足が図れるよう支援していきます。
 そして、病院内での調和、地域においての調和、さらに病院と地域との調和を目指していきます。

訪問相談の活動範囲

田川市郡、飯塚市、嘉麻市、桂川町、行橋市、苅田町、みやこ町、築上町、豊前市、吉富町及び上毛町を活動範囲とさせていただいております。

訪問相談までの流れ

1.お電話でのお申込み

当院のこころのサポートHatt(080-8362-4164)へお電話にて訪問相談の依頼をお受けします。
未治療の方、治療中断の方、認知症及び精神疾患の方に対して相談内容を確認します。

2.訪問の調整

依頼内容に対応できる当院の職員より、訪問日時や訪問先などの調整を行います。

3.訪問の実施

設定した日時に依頼先へ訪問させていただきます。

訪問相談内容の例

・対応方法が分からない

・専門的治療を受けたいけど受診につなげることができない

・精神疾患の事が良く分からないので、専門的なアドバイスがほしい

・カンファレンス、ケース会議などへの参加してほしい

現在の活動状況

 平成26年5月より活動を開始し、平成27年2月末現在で田川市、飯塚市、嘉麻市、桂川町、添田町、川崎町、福智町、糸田町、香春町、赤村の行政機関、施設、ケアプランセンター及び介護事業所などからご相談を受け、ご相談内容に応じた対応をさせていただいております。

延べ訪問相談実績
精神疾患ケースへの対応 44
認知症疾患ケースへの対応 48
総対応件数 92

よくあるご質問とお答え

ご質問
訪問相談実施にあたり、料金は発生するのですか?

お答え
現在、相談は無料で実施しております。

 

ご質問
訪問相談の同意を患者本人から得ることが難しい場合は、家族からの同意でも良いのですか?

お答え
ケースによって様々ですが、まずはご家族様を含めた医療介護従事者、民生委員などと協議を重ね、患者様への介入方法を検討していきます。
実際に自宅への訪問を行う際は、ご家族様からの相談として自宅に訪問させていただき、ご家族様との関係性を築きながら、患者様への介入方法を検討して患者様本人もしくはご家族様の同意を得ていきます。

 

ご質問
患者が単身者の場合に訪問相談の同意が取れないときはどうするのですか?

お答え
ケースにより異なりますが、患者様に関係する医療介護従事者、行政職員及び民生委員などと連携しながら協議を重ね、介入方法を検討していきます。

 

ご質問
一度の相談では解決できない場合などは複数回実施してもらえるのですか?

お答え
可能です。ケースにより異なりますが、医療介護従事者との協議などを行いながら介入方法を検討していくため、複数回になることもあります。

 

ご質問
訪問相談にはどのような方が対応するのですか?

お答え
相談内容を院内で調整して医師に相談を行い、ケースに応じた職員を派遣します。派遣職員は保健師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士及び臨床心理士などです。

 

ご質問
自宅以外でも相談はできるのですか?

お答え
自宅以外の場所でも訪問は可能です。各関係機関など、ご都合の良い場所へ訪問に伺います。また、当院へお越しいただいての相談も可能です。